Home » その他 » 都内学童保育所でのアルバイトについて

都内学童保育所でのアルバイトについて

私がまだ20代前半だった頃、将来を見据えて子どもと関わるアルバイトがないか探していた時、区の学童保育の求人を見かけ、応募しました。私も小学生の頃、学童保育に通っていたのですが、その当時は児童館に併設されており、学校が終わると、学童保育所までみんなで歩いて通所していました。

しかし、今は学校に併設されていたり、空き教室をしようしているところまでありました。私が働いていた学童保育所は学校に併設されているところで1年生~3年生までが通所しています。

学校がある日は下校時間から18時(延長19時)まで、土曜日や長期休暇の日は8時~18時(延長19時)までです。指導員さんがその日に仕事の役割を振って下さいます。

主に外遊び担当、室内担当(おやつ含む)、加配児担当です。仕事のメインは子どもたちが安全に遊んだり、過ごすことが出来るように一緒に遊んだり、時には生活指導行ったり、宿題の見守り等をします。

加配児担当になった場合は、そのお子さんに付き、行動を共にします。見守りで良い場合は、遠くからその子の様子を見守り、時折、援助サポートします。