Home » 健康 » 歯磨き粉に含まれる成分

歯磨き粉に含まれる成分

歯磨き粉は口に入れるものですが、意外な成分が含まれていて驚くことがあります。

例として、とある歯磨き粉に含まれる成分を列挙してみますと、殺菌剤、界面活性剤、合成着色料、発泡剤、研磨剤、パラベン、グリセリン・・・とても口に入れるものに含まれるべきものとは思えないようなものがありますよね。

特に界面活性剤なんて、食器用洗剤に含まれているものと同じですよ。

とは言え、もちろん口に入れても大丈夫な量であることは当然ですし、それが何らかの効果を引き出すからこそ、パッケージに含まれている成分一覧に表示しなければいけないとしても、入れているのだろうことは想像できます。大手メーカーが作っているものならまあ問題ないでしょうしね。

ただ、大人である私やダンナのものならともかく、子供にはそうした成分はやっぱり含まれていない方がいいと思っています。何となくですけど。

こうした成分を含まない歯磨き粉として、子供用のブリアンという口コミの良い歯磨き粉があります。これは子ども用として開発されたものではありますが、大人が使用しても問題ないということですので、一緒に使ってみて子供の気持ちになってどう感じるか、体験してみたいと思っています。